新しいキャリアのスタートに

女性

新しいキャリアとして注目を集めているのが、ヨガインストラクターです。特に、女性に人気が高いのがヨガであり、習い事として始めたものの、どんどんとその魅力に引き寄せられる人が多いです。結果的にインストラクターの資格を取得し、教室を開いて生徒にヨガを教えるという第二のキャリアをあゆみはじめる人が増えているといいます。特に、福岡は九州の中心部であることからヨガに対する関心も高く、ヨガインストラクターを養成するためのコースが充実しています。ヨガインストラクターになるためには、指導者養成コースを受講し、決められた時間の講習を受けることでインストラクターとして活躍できるようになるのです。

国際的なライセンスを取得できるコース選び

女性

ヨガが最も盛んなのは本場のインド以外ではアメリカです。そのため、国際的に活躍するヨガの団体が設立されて、インストラクターのライセンスの発行を行い、ヨガの普及に努めています。福岡市内にもアメリカのヨガインストラクターの資格を取得することができるコースがあり、総時間数200時間の受講が必要になります。これは基本的なインストラクター養成コースであり、さらに上位資格を目指すコースがありますが、今回は200時間のコースについて解説します。レッスンの内容は呼吸法、ポーズ、それに精神集中です。200時間の養成コースの中ですべてを網羅することができるので、レッスンの終了と同時に初級のヨガインストラクターの資格が得られます。

究極のヨガを自分のものにするために

女性

ヨガの養成コースは、インストラクターになるために限ったコースではありません。ヨガを極めて自分の生活を豊かにすることも可能です。福岡のヨガスタジオでは、国際的なライセンスを取得できるヨガインストラクターの養成コースが充実しています。ただ、受講者の全てがインストラクターになるとは限らないのです。養成コースではヨガのポーズや呼吸法だけでなく、その長い歴史や哲学などを学ぶことが出来るのです。最近では、趣味が高じてヨガについて深く学びたいという人が増えています。ヨガのインストラクター養成コースで総合的にヨガを学んだ後に、本場インドに留学してヨガを極めたりすることも出来ます。また、忙しい現代社会の中で体調を崩してしまったことをきっかけに、ヨガを通じて自分を見つめ直す人もいるなどヨガインストラクターの養成コースに参加する人の目的は様々です。カリキュラムをよく調べて自分に合った養成コースで学ぶことが大切です。

広告募集中